浮気時期の特定調査とは

・夫婦関係破たん後の浮気は有効なのか?

​・不貞相手は、本当に結婚している事は知らなったのか?

「何時から浮気が始まっていたのか?」

「夫婦関係の破綻後」の浮気は浮気にならないのか・・?

 

1、浮気の証拠が有る場合でも裁判では役に立たない・・?

 幾ら浮気が原因で夫婦関係が「破綻」したとしても、証拠(調査報告書写真の日付)

 の日付が別居後であれば、離婚裁判では、夫婦関係破綻の原因は浮気では無いと、判断

 する場合があります。

 

 何故なら、相手方から、「すでに夫婦関係は破綻した・・」と主張されれば、

 裁判所は、破綻の原因は浮気では無く別にあると考えます。

 そして、更に相手方から「浮気問題は、浮気では無く、「新たな恋愛である」・・」

 と、主張されれば、それを覆す証拠がない限り、裁判所は、浮気を夫婦関係破綻の原因と

 認めない場合もあるのです。

 

 嘘の証言で逃れようとする不貞相手

 浮気をして、更に、家庭を潰し、更に嘘をついて相手方を傷つける行為を

 パートナー様と浮気相手は平然と行ってきます!辛く、悔しい事ですが、これが

 浮気相手の対抗抗弁になっているのが実情なのです。

 

 証拠(浮気時期の特定)がなければ、裁判所は相手方の主張を採用するので、

 こうなると、相手方の思う壺ということになります。特に既に別居しているの夫婦に

 よくある事案です。

 

・離婚裁判時に必ず必要です。

 夫婦関係の破綻日は何時?

 では、何時から夫婦関係が破綻したと、主張できるのでしょうか。

 ①夫婦が別居すれば、その日から夫婦関係は「破綻」したことを主張できます。

 ②浮気が原因で別居した場合、夫婦関係はその時点で破綻したと主張できます。

  (※浮気が開始された日から起算します。その場合浮気を認めるかなんらかの

  証拠も必要です。)

 ③家庭内別居や暴力を振るう日々(DV)が続いていたら、その日の前後から

  破綻していたと主張できます。生活費遅延なども同様です。

 

 注意! 別居していなくても、「既に夫婦関係は破綻している」と主張されれば

     破綻を認定される場合もあります。俗に言う「家庭内別居」などです。

 

 

 嘘や、ずるい主張を行う浮気相手とパートナー

 相手方は、離婚調停や裁判で次のような事を主張してしてきます。

 (現在も同居の場合)

  「男女の関係は夫婦関係が「破綻」した後から開始した・・つまり浮気ではない・・」

  「浮気相手とは、同居中は親しい友達であり、決して、特別な男女の仲では無い!・・」

  「友人(浮気相手)に、色々と相談しているうち親しくなり、その後、特別な男女の

   関係になった・・」「その時期は、夫婦関係「破綻後」である・・・!」

 

 (別居の場合)

  「夫に暴力をふるわれていた・・」「妻は家事を一切行わない・・」

  「夫は、家庭を放置し、仕事ばかりしている・・」「夫婦の会話が一切ない・・・」

  「夜の夫婦関係が何年も、無い・・」「育児放棄している・・」

  「このような状態だから、その事に悩み、浮気相手と、色々と相談している内に

  深い仲になった・・」「その時期は、つい最近である・・だから、破たん後で、

  浮気ではない・・」

 

  上記のような主張をされれば、それが嘘であっても、嘘と証明できない限り、裁判所は、

  相手方の主張を採用する場合があります。その場合、幾ら浮気の証拠を取得しても、

  浮気の前に夫婦関係が破綻していたと、裁判所に認定されれば、浮気に対しての

  損害賠償請求はできなくなります。浮気相手とパートナーが結託すればこのように

  嘘の証言を行う場合が多いのです。※請求は出来るが支払いは拒否されることもある。

 

  これを覆す為には、浮気が原因で、夫婦関係が「破綻」したことを

  あなた自身が証明しなければなりません。其の為には、浮気時期の特定を明らかにする

  必要が生じます。これが、浮気時期特定調査ということなのです。

 

 

2、嘘の主張を認めさせない為にも・・

  過去に遡り浮気の開始日時特定を調査する。

 

不貞行為が夫婦関係破たんの原因だと認めさせる!

このように、嘘の主張などに対抗する為にも、パートナー様の浮気が何時から

始まっていたのか?を、確定させる必要があります。もし、不貞時期、浮気時期が

特定されれば、浮気が夫婦関係破綻の原因だとハッキリ主張できます。これにより、

パートナー様に言い逃れされこともありません。破綻後の浮気を覆す為には、過去に遡り浮気の開始日時を調査し、そして証拠を取得し、その証拠を裁判所に認定させなければなりません。

 

不可能では無い!不貞時期特定調査

​離婚弁護士必見!

この作業は一見、不可能な調査に思えるかもしれませんが、ケースバイケースで取得できることも多数あります。現在の所、弊社では様々事例で成功事例をご紹介するこができます。

 

※弊社では不貞時期特定調査をお受けしています。詳しくはご相談下さい。

 お客様の事案内容などに合わせ、詳しくお見積書などを作成致します。

 また、弊社で浮気調査を行っていないお客様についても、調査をお受け

 しています。詳しくは、電話、Eメール LINEなどでお問合せ下さい。

 

※弁護士さまからのご相談もお待ちしております。

 次回離婚裁判期日までに、準備書面の作成が進んでいない弁護士さまのお力に

 なれます。

 

 弊社は一般的な探偵とは異なり、合法的且つ合理的且つ当事者間で争いがおきない

 報告書の作成を致します。『もう無理だと』と諦めていた案件をお持ちの弁護士さま

​ も、一度ご連絡いただく事をお勧め致します。

3、不貞相手に嘘の主張を認めさせない為にも・・

​  婚姻事実の否認

  

『結婚している事は知らなった!』

不貞相手は、このように、婚姻事実について否認します。これを行われると

相手への慰謝料請求が難しくなります。パートナーさまと同じ職場なので、そんな訳は

無い!このような事案ならよいのですが、どこで知り合い、いつから交際が始まったか?全く分からない場合には、パートナーさまと口裏を合わせ否認されれば、お手上げ状態です。

 

2人の接点や不貞相手の過去の交友関係を徹底的に調べる

​離婚弁護士必見!

​弊社では不貞相手の過去交友関係などを調査することで

 

※弊社では不貞時期特定調査をお受けしています。詳しくはご相談下さい。

 お客様の事案内容などに合わせ、詳しくお見積書などを作成致します。

 また、弊社で浮気調査を行っていないお客様についても、調査をお受け

 しています。詳しくは、電話、Eメール LINEなどでお問合せ下さい。

 

※弁護士さまからのご相談もお待ちしております。

 次回離婚裁判期日までに、準備書面の作成が進んでいない弁護士さまのお力に

 なれます。

 

 弊社は一般的な探偵とは異なり、合法的且つ合理的且つ当事者間で争いがおきない

 報告書の作成を致します。『もう無理だと』と諦めていた案件をお持ちの弁護士さま

​ も、一度ご連絡いただく事をお勧め致します。

エコワークリサーチ&コンサルティングでは様々な証拠収集を♯興信所♯探偵♯調査会社♯として長年♯名古屋♯岐阜♯三重♯で行っています。企業調査 与信管理調査 債権回収調査 問題社員実態調査 外部業務監査 法人調査 労務調査 人事調査 法務調査 裁判証拠収集調査 異物混入追跡調査 模倣品製造元判明調査 反論調査などのメニューの他に、個人様向け♯浮気調査♯も大変好評です。

愛知|名古屋|岐阜|三重|滋賀|静岡|京都|東京|大阪|探偵|興信所|

総合調査会社エコワークリサーチ&コンサルティング |eco work Research&Consulting | 

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5番10 名古屋丸の内ビル8階

                  052-717-6618

LINE@ ecowork  ID ygw1205t

弊社の運営する特設サイト

浮気調査サービスはこちら