1.離婚裁判で勝つ為には、裁判所が採用する証拠を安価で取得する必要がある!

不貞,浮気,離婚、不倫の証拠についてよくご質問を受けますが、「ベッドシーン」など直接的な物は必要ありません。客観的に見て特別な男女の仲だと分かれば、それだけでいいのです。

 

よく、探偵,調査会社の報告書に記載されている2人のデートシーンなどは特に必要なく、頻繁に密室に2人だけで出入りする姿などがあれば、間違いなく採用されます。

 

その場合のポイントは「2人だけで」「密室」「頻繁に」の3点になります。

 

このように特別な男女の仲を証明できれば良いのです。

2.不倫 浮気 不貞の慰謝料金額は大体150万円~250万円位が相場です。

金額については年々低下しているようです。そんな中、例え証拠が取得出来たとしても調査費用が高額になれば、経費倒れを起こしてしまします。

 

また、詰めの甘い調査報告書を裁判で使用すれば、相手方はあっさり否認し、裁判所は事実認定してくれません。

 

そこで、必ず裁判所が採用する調査報告書を安い調査料金で取得する必要があるのです。

1.後に高額になるように仕向ける悪意ある探偵、興信所、調査会社

お客様から見て難しい問題は「不貞 不倫 浮気 が何時、何処で、誰と、行なわれているか?」と言うことです。早く見つければ調査時間は短くなりますが、遅ければ長くなります。

 

通常、探偵などを利用した場合、お客様自身が探偵に追跡日時を指定するか、調査会社に任せて、3回程度(現在ではパック料金も増えている。)の尾行や張込みを行って貰い、その間に浮気を撮影してもらうか、どちらかの方法を選択しなければなりません。(※ここが非常に重要なポイントです。)

 

また、1週間 20時間のパック料金制度や成功報酬プランなども昨今で多く出回っています。

 

しかし実際には、何時、どんな方法で、浮気を行うのか分からないので探偵会社まかせで調査を実施することになります。

 

この場合、探偵が数回の尾行で浮気を撮影できるかは大変疑問です。

 

もしかすると、1度の尾行では、不貞相手と、対象者2人の顔が完全に撮影できないかも知れませんし、更に、この日は、不貞相手と、密会しないかも知れません。しかし、探偵は既に現場で数時間張り込んでいます・・・

 

こうなると、調査を更に2回、3回、4回と続行する必要性が生じます。

 

この事を「空振」と呼んでいますが、空振でも毎回、数時間分の張込み、調査料金は発生します。

(1日約10万円前後は発生することになるのです。)

 

この部分が、高額になる原因なのです。更に、だからと言ってお客様が調査を打ち切る訳には

いきません。

更に、もう一回、もう一回と回数が増せば、増すほど、高額になる仕組なのです。

 

しかも、空振りは調査を実施して初めて分かることですので、未然に防止できないのです!

 

この部分が非常に危険なのです!また、ここが悪徳探偵、興信所、調査会社の狙いでもあります。

 

わざと調査を長引かせ、追跡料金をせしめることも出来るのです。

 

この料金制度を弊社では「加算式料金体制」と呼んでいます。

2.間違いだらけの浮気調査と意味の無い写真撮影

本来、証拠とは必要な部分だけをピンポイントで(証拠部分だけを)取得(撮影)すればそれで良いのです。不倫相手とのデートシーンなどは必要ありません!

 

浮気調査は撮影技術を競うものではないのです!

3.調査員の人数 × 調査料金=成果ではありません!

  実際には3回の尾行や張込みで浮気の証拠は取得できません。

一般的な探偵、興信所、調査会社の追跡料金の内訳は、時間(日)+調査員の人数+諸経費=総料金

という具合に調査員の人数も計算に入っています。

 

理由は張込み先の建物出入り口が2ケ所、3ケ所あるとか、複数の尾行車両が必要だとかが理由です。

 

しかし、これは探偵、興信所、調査会社側の勝手な都合で、お客様とは無関係です。調査員の増員などは、お客様側が確認することは出来ないのです。

 

だから、本当かどうかも分かりません。ここも金額が高額になる原因なのです。

調査員増員などに、なんの付加価値もないのです。

1.まずは浮気調査の価格や料金が知りたい!

 ほとんどの探偵、興信所は浮気問題などを解決することは出来ません!

・弊社の浮気調査は3ツの料金しかありません!

浮気調査の価格について、インターネット上などに色々記載されていますが、本当の所の調査料金は幾らなのかは不明です!

 

それは、浮気調査と言いながら結局は時間単位で「尾行」と「張込み」調査しか行なわないからです。

 

即ち彼らは、日給制や時給制なのです。だから、興信所や探偵自身も、調査が終了するまでは確定料金が分からないのです。 

 

「業界最安値!」と広告していますが、その調査会社の調査能力が低くければ、

調査は長期化し必然的に料金も高騰します。また、仮に、能力が有ったとしても、調査が長引けば、料金も高騰します。

ですから、結局、調査は不燃燃焼のまま終了するのです。

 

その点、弊社は下記の3ツ料金プランで解決するまで実施致します!

 

当初から調査が長期化することを想定しています。

 

だから、料金も高騰しませんし、クライアント様が納得のいく結果が出せます。

更に、裁判所が採用する証拠が収集できるのです。

プラン1 価格15万円(税諸経費別)

浮気の証拠を取りたい!

浮気相手の家に入り浸っている!又は浮気相手を知っている!更に、合う場所も知っている!これらの証拠を押さえて

慰謝料を請求したい!などの事案に適切です。

 

プラン2 価格25万円(税諸経費別)

怪しい!絶対に浮気している!

最近行動がどうも怪しい!金遣いが荒い!下着が変わった!帰りが遅い!外泊することもある!誰と浮気しているかは分からないが、兎も角怪しい!

必ず浮気の証拠を取り、相手方に慰謝料請求したい!と言う事案に適切なプランです。

※但し同居が条件です。

 

プラン3 価格35万円(税諸経費別)

既に別居している。同居中も浮気疑惑は有ったが証拠が無く、悔しい思いをしていた。

もしくは、突然、別居や離婚を宣言してきた・・裏になにかあるのではないか・・

絶対に以前の浮気相手と、今も合っている!

なんとなく別居したが、今を思えば浮気していたと強く思う!

必ず証拠を掴んで訴えてやる!と、言う事案に最適です。

 

※調査目的:裁判所が採用する不貞の証拠を取得します。

※調査期間約3ケ月以上

※不貞相手の個人情報も取得

2.解決するまで調査を行ってくれるのか?

・固定料金だから出来る解決までのサポート 調査期間最長3ケ月間以上!

 

一般的に探偵や興信所は浮気調査を最後まで調査を行いません!

 

比較的に簡単で早期解決できる事案なら、そうでは無いのですが、少しでも長引く案件は、調査が途中で終わる事は頻繁にあります。何故なら、お客様のお金が続かないからです。

 

その点、弊社は固定料金制ですから、どんな事案でも必ず解決までサポートします!更に不貞相手の個人情報も取得致します。だから、不貞相手に裁判を起こすことができるのです。

3.どんな会社が調査を行うのか?

・上質なお客様とのお取引が信頼のバロメーターです。

 

弊社の主要な顧客は複数の弁護士事務所と大手上場企業などで構成されています。

 

弁護士事務所や企業を主要顧客に持つと言うことは、高度な秘密保持の仕組みと、安定した調査力、更に問題解決能力を兼ね備えているからです。

 

弁護士事務所や大手上場企業とお付き合いができるのは弊社の信頼の証です。

・他社ではまね出来ない低価格

 

・無駄を省きコストダウン!

 

・格安で完全解決まで無料サポート!

※どのプランも調査期間に制限(回数無制限)はありませんが、約1ケ月間~約3ケ月間くらいまでとお考えください。

(どこでも張込み24は除きます。※どこでも張込み24は1週間単位でお受けいたします。

 ご依頼書の調査目的には<裁判所が採用する証拠の収集調査など>と明記致します。

 

※上記、プラン1~プラン3までは、お客様が追加調査を、ご依頼しない限り価格が変動

 することはありません。

※不貞調査は「行動調査」ではありません。したがって「今、どこにいますか?」などの

 ご質問にはお答えできない場合もあります。

 行動調査については別依頼になる場合があります。

 

※また、浮気相手が複数人の場合には金額が変動する可能性もあります。

 詳しく担当者にご相談下さい。

 

 

弊社の料金プランでは、特にお客様が不貞実行日時を特定する必要はありません。

また、尾行追尾は、弊社が必要と感じれば、なんどでも尾行を行います。

調査員の人員も必要な人数だけこちらで用意しますので何人調査員を増員しても料金は定額です。

 

弁護士の必要性事案について

※事案によっては弁護士との契約が必要な場合があります。

その場合には別途弁護士費用が発生致します。

※ご希望であれば弁護士を無料でご紹介致します。

 

 

※調査中にお客様の状況が変化した場合、もしくは、状態状況が違う場合または

発覚した場合には価格(料金プラン)が変動する場合がありますが、その場合は

35万円を上限と致します。

 

※調査費用とは別に、諸経費、消費税が発生致します。

 (諸経費に消費税は発生しません。)

事例1.浮気相手に言い逃れされれば離婚裁判で敗訴します。

せっかく浮気 不倫 不貞行為を証明したのにも関わらず、相手(浮気の相手)の言い分が、「結婚していることは、知らなかった・・」「既に婚姻関係は破たんしていると聞いていたので、安心して付き合っていた・・・」などと、主張されれば、浮気相手に慰謝料請求できない場合もあります。

 

これに対応する為には、相手方(浮気相手)は付き合っている時に「既に、パートナーは婚姻していた。」、「それを承知で付き合っていた」と、言う証拠を握っていなければなりません。

 

一見不可能な調査に思えますが、上手くポイントが掴めればそれは、十分可能なのです。

 

一部の調査会社だけが、それら特別な証拠を取得することも出来るのです。

 

※パートナーへの損害賠償は可能です。

事例2.年々警戒を増す浮気、不倫、不貞カップル

 浮気 不倫 不貞を行っているカップルは大変警戒しています。

 彼らもインターネットなどを見て「どうすればバレないか?」を日夜研究しているのです。

 

 例えば、

・車の後部座席に乗る。

・別々にラブホテルに入り、別々にラブホテルから出る。

・30分程度でラブホテルから出てくる。

・車両を使用しない。

・複数の人物と不倫、浮気をランダムに繰り返す。

・月に1回程度しか会わない。

・ラブホテルから出てくる時は車のシートは倒して出る。

・複数の車を使用する。

​・ビジネスホテルに別々にチェツクインする。

 

などなど、とても警戒しています。

 

パートナーが浮気を疑うと、「そんなに疑うのならば探偵を雇えばいいだろ!」と夫婦喧嘩の啖呵に探偵が出てくほど、

浮気カップルは探偵などを警戒しているのです。

最早、分かりやすい「派手な下着」や電話メール、SNSのやり取りなどで、証拠を残すカップルはほとんどいません。

更に、探偵を警戒して自身の自動車を入念に点検し、専門家などを使い、探偵GPSを取り外す方もいらっしゃいます。

そして、奥様、旦那様の両方が探偵を雇っているケースも少なくないのです。

こんな中、3回程度の尾行で尻尾(しっぽ)を掴むことは不可能に近いと言っても過言ではありません。

これら、警戒している不倫カップルの浮気を立証する為には、大変な作業も必要ですが、同様にコストが

大変重要な問題でもあります。もし、それでも、浮気を証明したいのであれば、当事者様(本人様)は、この複雑な事案を

定額で行える調査会社を探す必要があるのです。

事例3.別居先特定調査 別居先の訪問者確認調査 帰宅確認調査

奥様やご主人様が突然別居する。

奥様やご主人様は新しい居場所を教えてくれない!

もし、教えてくれても、その住所には住んでいない!

もしくは毎日帰っていない!

更に、別居先へは異性の訪問者がいるようだ・・!

 

 

このようなご相談もよくあります。

 

 

この場合には①別居先調査②帰宅確認調査③別居先の訪問者確認調査を2、3週間行う必要があります。特に、週末の訪問者を確認する必要があります。平日も一人で帰宅するとも限りません。 

 

もし、万が一浮気相手が通っているのならば、相手は誰かを特定する必要があります。

其の場合①住所②氏名③勤務先④出入りの期間などです。既に同棲していても内容はほぼ同じです。

別居先調査+浮気調査だけでもこれだけの工程が必要なのです。

事例4.長期行動パターン詮索調査

浮気の前科がある!

過去に浮気をしていた!

「今度だけは・・」と許してしまった。

あれから数年経過するが、「もう、浮気はしていないのか?・・・」

 

これもよくあるご相談です。

過去に浮気を行っている方は余程の事が無い限り、ほとぼりが冷めれば、また、浮気をしていることが非常に多いです。

中には、過去の浮気相手と寄りを戻しているケースもあります。

 

しかし、不倫カップルは学習していますので、今度は発覚しない様々な工夫をしています。

例えば、記念日には合わない。

 

携帯電話で連絡しない。

宿泊しない。

極力行動パターンは変更しない、などなどです。

 

これを立証するには、1ケ月単位の長期行動パターンを

分析する必要があります。

長期間の調査を行うと、大体のパターンが見えてきます。

 

2人が余程複雑な工作しない限り、浮気は発覚します。

 

この場合調査会社を利用するのであれば、完全定額もしくは成功報酬制度(但し回数無制限の尾行調査付)調査会社を利用する必要があります。

事例5.突然の離婚宣言!

ある日、突然パートナーからの離婚宣言!

 

これも大変多いご相談内容です。

 

ご本人様は「なんの心あたりも無い!」

しかし、パートナー様は、「性格の不一致だ!」

「3年位前に暴力を振るった・・」などと

取ってつけたような理由を言うばかりです。

もう、意味不明です。

 

そのうち、別居、そして調停、更に裁判。ご本人様は、

どうしてそうなったのか分からぬまま、事がドンドン進んでいきます。

 

このような、事例の原因は様々ではありますが、共通して言えることはパートナー様は随分前から言い出すタイミングを

見図っていると言うことです。

 

更に、パートナー様は着々と離婚の準備を進めていたのです。

 

では、何故離婚するのか。

これも一概に理由は言えませんが、新しいパートナーが存在しているケースが非常に多いです。

辛い現実ですが、ご当事者様は、この可能性を十分理解され、パートナー様に対して、今後どのような法的手段を取るかを早急に決める

必要があります。

 

現状は非常に不安定な状況ですから、素早く対応する必要があります。

調査が必要なのかそれとも弁護士かそれとも両方!決断を迫られます!

事例6.復縁にも調査は有効?

少し概念は変わりますが、「離婚はしたくないが、

浮気相手方からは慰謝料は請求したい!」と言う案件にも、

不貞 不倫 浮気調査は大変有効に働きます。

 

何故なら、「浮気」は高くつく・・と言うことを改めて、

パートナーに知らしめることが出来るからです。

 

特に男性の浮気に多いですが、浮気のスリルを楽しんでいる傾向や

浮気相手から一種の催眠術(洗脳)にかけれている場合が非常に多いです。

 

これら事案には時間はかかりますが、「浮気は不法行為だと」ハッキリ主張する事が大変効果的です。

Q:調査員の人数が増えれば料金も増えますか?

 

A:

弊社では調査員の人数が増えても料金は変動しません。

あくまで定額です。

お客様から見れば、1人であろうと3人であろうと、証拠が収集できればいい話であり、そこに(人数増員)

付加価値はありません。

弊社は証拠収集することが目的で尾行や張込みを行うことが目的ではありません。

Q:裁判所が採用する調査とは「なんですか?」

 

A:

離婚調停や離婚裁判で裁判所が有責配偶者(浮気をしている人物)だと認定される調査のことです。

誰が見ても特別な男女の仲と証明できればそれが証拠となります。

Q:価格が調査時間無制限で15万円~最高35万円は本当ですか?

 

A:

本当です!

但し、本当に無制限と言う訳ではありません。大体1ケ月間~3ケ月間程度調査を実施します。

その後、不貞の有無を合理的、客観的に判断し、その上で、報告書の作成にかかります。

価格につきましては、特別な追加調査が出ない限り最高35万円(税、経費別途)で調査を完了致します。

Q:15万円~35万円の違いは何ですか?

 

A:依頼者様が抱えている状況応じ価格に差があります。

  

①15万円・・・ 同居されていて、不貞相手も既に知っていて、また、

 合う日時場所も大体わかっている。その撮影など証拠収集をお願いし

 たい・・」

 

②25万円・・・ 同居されていて、以前から不貞は薄々感じている・・

 でも、相手は分からない、どこで何時合うのかも分からない・・・

 

③35万円・・・ 既に別居している。不貞しているか否かも

 分からない。また、何処に住んでいるかも分からない・・・

   

 上記の状況応じ値段に差が生じます。

Q:追尾(尾行)は何回くらい行いますか?

 

A:

特に回数の制限は設けていません。弊社のプランは回数ではなく日数です。 

大よそ1ケ月間~3ケ月間に何回でも尾行を行います。しかし、弊社が必要と感じた時に追尾や尾行を実施いたします。

それまでは、様々な情報収集を行い対象者の行動パターンなどを把握します。対象者の行動パターンが把握できて

初めて、成果が出るのです。

Q:他社の調査会社では浮気調査の尾行3回で30万円と言うわれましたが、

  それは、どう言うことですか?

 

A:

具体的には分かりませんが、コスト的に3回位の尾行が限界だと思います。

調査会社の平均的な追尾料金は1日/10万円位が相場です。

ですから、それに合わせて金額を設定していると思われます。

しかし、実際3回の追尾で証拠が収集できるケースはとても稀だと言うことも事実です。30万円の調査には、

追加料金は発生しませんが「証拠を取得する為には、更なる契約や別契約が必要だと」言われると思います。

パートーナーの行動パターンがハッキリ分からない状況で闇雲に3回追尾を行ったとしても、よほど、タイミングが

合わない限り実際には難しいのが実情です。

Q:諸経費は高額になりませんか?

 

A:

「高額にはなりません!」公共移動料金や車両使用料(1Km/45円)など全て実費請求で行います。

また、余計な人件費など不明確な経費は一切請求しません。

更に、もし、遠方にいく場合などには前もってご許可を頂く仕組みでもあります。

諸経費は全て実費でご請求させて頂きます。

Q:離婚しない場合(復縁希望)でも調査は必要ですか?

 

A:

それは、ご依頼者様のお考えによります。離婚をしないのなら、調査は必要ありませんし、パートナーの怪しい行動なども、知る必要が無いかもしれません。

しかし、不貞疑惑が発覚した時、夫婦の状況は、とても、とても不安定です。先々どうなるか、誰にも分かりません。

また、後に状況が変わり浮気証拠が必要になるかも知れません。

更に、その時は収まったとしても、将来的にパートナーが違う相手と浮気を行うかも知れません。とは言え、

調査料金は大変高額です。

調査が必要か、そうでないかは、ご本人様がよくお考えになり、じっくり、ゆっくり、お考えください。

それが一番大事なことです!

弊社は、まずは「証拠や調査」が必要です!と、営業トークは、絶対に使いません! 

Q:心配で不安で、とても不安定な気持ちです!

  調査を依頼すれば気持ちが落ち着きますか?

 

A:

パートナーへの不貞疑惑が浮上すれば、皆さん大変、不安な気持ちになります。

まずは、パートナー様への気持ちが疑いに変わり、生活やお子様、マイホームなどの生活状況に危機感が増します。

家庭が崩壊すのではないか!と言う強い

不安感に襲われます。その答えが直ちに、調査や弁護士の依頼や裁判では

ありません!

まずは、信頼できる専門家に相談し事実を正しく把握してください。

その後どうするかは、後にゆっくり考えればよいのです!まずは冷静に状況を

把握することを特にお進めします。

解決は、どうしても時間がかかります。

漁らずじっくり状況を見守る力をお持ち下さい。

 
 
 
 
 
 
 
エコワークリサーチ&コンサルティングでは様々な証拠収集を♯興信所♯探偵♯調査会社♯として長年♯名古屋♯岐阜♯三重♯で行っています。企業調査 与信管理調査 債権回収調査 問題社員実態調査 外部業務監査 法人調査 労務調査 人事調査 法務調査 裁判証拠収集調査 異物混入追跡調査 模倣品製造元判明調査 反論調査などのメニューの他に、個人様向け♯浮気調査♯も大変好評です。

愛知|名古屋|岐阜|三重|滋賀|静岡|京都|東京|大阪|探偵|興信所|

総合調査会社エコワークリサーチ&コンサルティング |eco work Research&Consulting | 

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5番10 名古屋丸の内ビル8階

                  052-717-6618

LINE@ ecowork  ID ygw1205t

弊社の運営する特設サイト

浮気調査サービスはこちら